整体は効果があるの?整体の本当の目的や効果の高め方を解説

こんにちわ!治療家一筋13年、整体院院長の小村です。

いきなりですが、整体ってどんなイメージをもっていますか?

ほとんどの方は、「何をするのかよくわからない」とか「何かよくわからないけどしんどかったら行くところ」みたいなイメージをもたれているんじゃなでしょうか?

そして何より、「本当に効果があるのか?」という疑問を持たれていると思います。

最近は整体院や治療院も多くなりましたが、整体がどういったものかはまだまだ正しく知られていないのが現実です。

そこで今回は、現役の整体院院長の私が、整体とはどういう事をしてどんな効果があるのかを、本音でお話ししたいと思います。

また、整体の効果を最大限高める方法や、整体院の選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1どんな症状の人が行くの?

まずは、どんな症状や悩みを抱えている人が整体を受けているのかを見ていきましょう。

1-1腰痛や肩こりなど

一番多いのは肩こりや腰痛です。もしかしたら、肩こりや腰痛で実際に通ってる方もいらっしゃるかもしれないですね。

  • 膝の痛み
  • 肩の痛み(四十肩や五十肩など)
  • 手首や足首の痛み
  • 首のコリや頭痛
  • 腕のしびれや足のしびれ(坐骨神経痛)

他にもこういった症状や体の悩みで、整体院や治療院に来られる方も多いです。

1-2自律神経系の症状

  • めまいや耳鳴り
  • なんとなく体がだるい
  • 寝つきが悪かったり眠りが浅いなど睡眠の問題
  • 冷え性や便秘
  • きつい生理痛や更年期障害

この様な症状が主訴(主な症状・悩み)の場合は比較的少ないですが、よくよくお話を聞いたり検査をしていくと、こういった自律神経が関係している可能性が高い症状や悩みを持って来られる方もいらっしゃいます。

1-3いきなり整体院・治療院に行く人は少ない

整体院や治療院には、こうした様々な悩みを持った方が来られますが、ほとんどの方はいきなり整体を受けに来ることはありません。

まずは病院や接骨院・整骨院に行ったり、TVや雑誌などで紹介されているセルフケアを試してみて、それでも改善しないからネットで調べたり知り合いに聞いて整体に行ってみる、という方が多いです。

2整体って本当に効果があるの?

これまでお話ししたような症状に整体は効果があるのか?これが1番知りたいことだと思います。

では今度はこの事についてみていきましょう。

2-1ほとんどの場合効果はある

先に結論から言ってしまいましょう。

ほとんどの場合良くなるが、全ての患者さんが良くなるわけではない

はい、これが結論です。「いやいや…」と思われるかもしれませんが、実際はこれが正直なところです。

もちろんこれは、その整体院・治療院の先生の技術力や、患者さんの体の状態や生活環境なども関わってきますが、TVや雑誌などでゴッドハンドなどと呼ばれている先生でも同じことです。

全ての患者さんがよくなるわけではありません。

2-2よくある整体に対しての勘違いとは

そもそも整体は治療をしているわけではありませんし、整体をする人(施術者)が痛みや不調をとっているわけではありません。(法律によって治療はできない事になっています)

では何をしているのかというと、『体を整える』事によって患者さんの身体が痛みや不調を治せる、本来の状態に戻しているのです。

あくまで痛みや不調を治すのは、患者さんの身体なのです。

2-3整体の本当の目的は…

整体は治療ではありませんし、科学的根拠がまだまだ少ない部分もありますが、色んな所に行ってなかなか変化がなかった方でも、整体を受ける事によって実際に良くなっている方はたくさんいます。

これは、人間の身体には自分で自分の身体を治す力、自然治癒力(又は自己治癒力)といったものが備わっているからだと考えられます。

例えば、疲れがたまったとしてもある程度休めば回復しますし、トレーニングをして筋肉痛(筋肉の細かい繊維が切れている状態)になっても数日で回復しますよね。

これが自然治癒力というものです。

しかし、長く痛みや不調を抱えている人は、この自然治癒力が働きずらい身体の状態になっています。だから、病院に行ったりセルフケアをしても良くならない方がいるのです。

整体の本当の目的は、自然治癒力が正常に働ける身体の状態に導いてあげる事です。そうする事によって、患者さん自身の身体が痛みや不調を治していくというわけです。

自然治癒力が働きずらくなる要因は、姿勢の悪さや運動不足など普段の生活習慣にある事がほとんどです。

ですから、整体をする事によって身体を良い状態にしても、生活習慣の問題も一緒に改善していかないと痛みや不調が改善しにくい場合もあります。

3整体の効果を最大限発揮する方法

先程も少しお話ししましたが、整体を受けて身体を良い状態にしても、自然治癒力の働きを邪魔する生活習慣を続けてしまうと、身体の改善も遅くなってしまいます。

整体を受けて自然治癒力が働きやすくなった状態を、できるだけ日常生活でも保っていく事が一番大事です。そうする事で整体の効果は最大限発揮されるのです。

そこで次は、整体の効果を最大限発揮する為、どういう事を気を付けたら良いのかをみていきましょう。

3-1最初は回数も重要

身体になんらかの自覚症状が出ているという事は、それだけ身体の状態は悪くなっているという事です。

状態が悪いというのは、例えば筋肉の固さ、筋力のアンバランス、身体の動きの悪さ、神経の働きの悪さ、姿勢の悪さなどの、身体に悪いクセ(歪み)がついているという事です。

そういった悪いクセがついて自然治癒力が働きずらくなってしまい、自覚症状が出てしまっているわけですから、症状を改善していく為には悪いクセを取り除く事が必要ですよね。

その為には、最初はある程度の回数は間隔を空けすぎずに整体を受ける事も重要です。

それぞれの患者さんの状態によって、身体の状態も症状のきつさも違うので、一概にどれだけの回数受けたらいいのかは言えませんが、少なくとも1回の整体で全てが改善する事はありません。

もちろん、1回の整体でもその時はある程度身体の状態は良くなりますし自覚症状がやわらぐことも少なくありません。

しかし、身体のクセというのはそんなに簡単にはとれませんから、最初の内はまた悪い状態に戻りやすいのです。

ですからある程度悪いクセがとれるまでは、間隔を空けすぎずに回数を受ける事はとても大切な事なのです。

3-2先生に任せきりにならない

整体院や治療院というと、「先生が全て何とかしてくれる」と思われて来られる方が非常に多いです。もちろん頼ってもらったらいいですし、実際施術する側の役割はとても大きいのは事実です。

しかし、整体の目的・役割は自然治癒力が正常に働く身体にする事であり、実際に身体を治すのはあなた自身の身体の役目です。

ですから、あなたと先生が一緒に身体を改善する事に取り組む事がベストです。

3-3普段の生活も見直そう

整体を受けて身体を良い状態にすることも大事な事ですが、一番大事なのはその良い状態を普段の生活でもできるだけ維持していく事です。

その為にはやはり普段の生活習慣を気を付ける事が大切です。

  • できるだけいい姿勢を意識する
  • 糖質や脂質をとりすぎない
  • お酒を飲みすぎない
  • 早寝早起き
  • 適度な運動をする

よく言われる事ですが、こういった事を意識してみましょう。

3-4ささいな不調でも早めに相談

これは、しっかり体がよくなった後の話しになってしまいますが、痛みが出てしまってから整体に行くより、痛みが出る前に整体いく方が改善は早いという事です。

  • 寝ても疲れがとれにくい
  • 身体の動きが悪くなった気がする
  • なんとなく体がだるい

例えばこの様な身体の状態は、しばらくすると痛みが出る状態である事が多いようです。「なんとなく体が歪んでいる気がする」といった感覚も見逃すべきではありません。

自分の身体の状態・感覚をしっかり把握し、身体を大切にしてあげて下さい。

また、一番いいのは定期的に身体の状態をチェックしケアをする事、要は予防をする事です。西洋医学にも言える事かもしれませんが、『予防に勝る治療はなし』です。

4良い整体院の選び方

これまで、整体の効果をできるだけ高める方法をお伝えしてきましたが、これは施術者の先生の技術力が一定以上ある事が大前提です。

やはり、そういったできるだけ技術がしっかりしたところに行きたいですよね?

そこで、現役の整体院院長である私自身が整体を受けに行くならここで選ぶ、というポイントをお話ししたいと思います。これから整体を受けてみようかな、という方はぜひ参考にしてみて下さい。

4-1検査・説明をしっかりしてくれる

検査や説明をしてくれるかは大事なポイントです。当たり前の事だと思われるかもしれないですが、残念ながら実際はそうでもありません。

  • 先生「今日はどこがつらいですか?」
  • 患者さん「なんか腰が痛くて…」
  • 先生「そうですか。ではベッドに横になってください」
  • 患者さんの腰を押さえながら…
  • 先生「疲れが溜まって腰の筋肉が張ってますね。腰の筋肉をほぐしておきますね」

こんな感じの所は、残念ながら結構多いです。これではただ単純にマッサージをしているだけで、何の解決にもなっていません。

「なぜ身体の不調や痛みが出ているのか」「自分の身体はどういった状態なのか」こういった事をしっかり検査・説明できる先生は、技術もしっかりしていると思います。

4-2通院間隔などを提示してくれる

先程もお話ししたように、身体の状態をしっかり良くしていく為にはある程度回数がかかる場合がほとんどです。

どれぐらいの間隔で、どれぐらいの回数受けたらいいのかを、ある程度めどをたててくれる方がいいでしょう。

4-3アフターケアを教えてくれる

こちらも先程お話ししたこととですが、一番大事なのは整体を受けた後のいい身体の状態を日常生活でもできるだけ続ける事です。

その為に、日常生活でどういった事に気を付けたらいいかを教えてくれる先生の方が、良い先生といえると思います。

4-4先生が嫌じゃないか

これは感覚の話しになってしまいますが、やはり人間同士なので合う合わないというのはあると思います。

絶対にそうした方がいいというわけではありませんが、実際に先生に会って話してみてどうしても合わない場合は、無理にそこで整体を受ける必要はないかと思います。

5まとめ

さてこれまでお話ししてきたことをふまえて、最後にもう1度『整体は本当に効果があり、治るのか?』という疑問に答えると、

『確実に効果はありますが、あくまで不調を治すのは患者さんの身体である』

というのが、正直な答えです。

要は、身体を整えて自然治癒力が働きやすい状態にすれば、肩こりや腰痛など様々な身体の不調は、身体が治してくれるという事です。

そして、身体を整えて自然治癒力が働きやすい状態にする事が、整体の本来の役割です。自然治癒力は本当に素晴らしいものです。

今回お話したことが、あなたの不調の解決に役立てば嬉しく思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です